So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

勝田駐屯地 創立66周年記念行事 其の一 [駐屯地創立記念行事]

 丁度一週間が経ってしまいましたが、先週の日曜、私はコチラに赴いておりました。

勝田 01_R.JPG


茨城県の勝田駐屯地、創立66周年記念行事でございます。こちらも実に4年振り、色々と風景を懐かしく感じつつも、気になる天候はといえば、少し日差しが暑く感じられる程の快晴。絶好の駐屯地祭日和であります。

           まずはイイ感じに撮れた写真のご紹介をば

勝田 02_R.JPG


訓練展示の先陣を務めるべく、今まさに出撃せんとしている車輌達。カッコイイですねぇ。

       さらにその一群の中に、ちょっぴり驚きの車輌がいました。

勝田 03_R.JPG


「普通の96式装輪装甲車じゃん」と思った方、正解です(笑)ただ、注目して頂きたいのは、この車輌が銃架に96式40mm自動てき弾銃を搭載した96式装輪装甲車A型であるということです。

というのも、理由はわかっていませんが、大抵の創立記念行事における、訓練展示や装備品展示では、銃架にM2重機関銃を搭載したB型が登場することが圧倒的に多いのです。そういった意味では、この突如としてA型が登場したという状況は、かなりのレアケースといえましょう。

        さらには、会場の注目を一身に集めていた、この車輌。

勝田 04_R.JPG


凄まじい轟音を響かせた主砲の射撃の後、一時後退してきたヒトマル君です。4年前に訪れた際は74式と90式がタッグを組んでの出演でしたが、今年は74式と10式が活躍しましたね。いずれ、訓練展示にも16式機動戦闘車の出演が定番となる日が来るのでしょうか?

               最後は、空飛ぶ毒蛇の御登場

勝田 05_R.JPG


今年も来てくれた、AH-1Sですね。4年前は、私がいた場所のすぐ上に飛来し「これは迫力があるぞ!」などと感動していた次の瞬間、とてつもない風が吹き付け、被っていた帽子も宙を舞ってしまいました(帽子は傍にいた自衛官さんがナイスなキャッチをしてくれましたよ)AH-1Sでこれなら、CH-47のダウンウォッシュたるや、どれ程のものなのか、想像もつきませんね。

      次回は装備品展示での、あれやこれやをお伝えしたいと思います。
nice!(0)  コメント(0) 

土浦駐屯地 創立65周年記念行事 其の三 [駐屯地創立記念行事]

         気になった「とある車輌」ですが・・それはコチラ

IMG_0857_R.JPG


ファインモールドさんより、B型、C型共にリリースされた60式自走106mm無反動砲(以下、106SP)ですね。「この車輌の展示が、そんなに珍しい?」と、思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、実は以前来訪した時と、今回とでは、展示の仕方が変わっていたのです。以前は、構築された土嚢陣地にダックインするカタチで展示されていたのですが、今回は御覧のとおり、車輌単体の展示に変わっていました。お話しを伺ったところ「土嚢陣地の劣化が激しくなった為、車輌単体での展示に切り替えたんです」とのこと。

IMG_0866_R.JPG


そのおかげ・・というのは少し語弊があるかも知れませんが、こうやって砲口カバーを接写出来るほどに、車輌に近づいて写真が撮れるようになりました(土嚢陣地があった頃は、車輌を囲んだ陣地ごと、立ち入り禁止ロープが張られていたので、これほど近くに寄ることが出来なかったのです。

 車輌自体も、もちろん劣化はしていますが、取っ手やフック、各種ケーブル類等もキチンと残っている上に、何より砲架を上げた「射撃状態」での展示は(私が知る限りでは)ここだけなので、資料的価値はかなり高いといえます。いわずもがな、沢山写真を撮らせて頂きましたよ。

 ちなみに、この106SP、私にとっては少し特別な存在でして、その理由は、こちらの写真を撮った影響が大きいモノと思われます。

IMG_1122_R.JPG


これは今から20年近く前、初めて訪れた駐屯地創立祭で、106SP(モチロン現役車輌)の運転席に収まって御機嫌なワタクシを撮影した写真です。この頃は、将来、自分が熱烈な自衛隊模型モデラーになるなどとは、お釈迦様でも知らぬホトケの・・といった塩梅。人生とは本当に面白いものですねぇ・・
nice!(0)  コメント(0) 

土浦駐屯地 創立65周年記念行事 其の二 [駐屯地創立記念行事]

         個人的に気になった展示品を、次々にご紹介。

01_R.JPG


こちらは9月末に開催した、千葉の松戸駐屯地創立記念行事でも展示された、73式小型トラックを空中投下用プラットフォーム(正式名称・プラットホーム2号)に積載、梱包した逸品。残念ながら松戸には行けなかったので、まさかの再展示に驚きを隠せませんでした。

02.JPG



03_R.JPG


ちなみに、こちらの装備品は、習志野の第一空挺団の皆様が出張展示をしてくださっているモノです。どうしても気になった為、説明係の方にお話しを伺ったところ「松戸での展示が好評だったので、土浦にも持参しました(^^)」とのこと。ブラボー!

             お次は私、正真正銘、初見の装備品

04_R.JPG


遠目に見たときは「お、中SAMも展示されてる」と思ったら、近づいてビックリ「12式地対艦誘導弾」でした。重装輪車がベースとなって、ミサイルコンテナも四角形になったので、88式地対艦誘導弾と比べて、かなりシャープなシルエットになっていました。余談ながら、1/72スケールのレジン製キットが既に発売していますが、ナカナカに高価で手が出せておりませぬ。

                 さらにコチラ

05_R.JPG


  皆さんご存知(?)MLRSですが、気になったのは車輌というよりも、その足回り

06_R.JPG


このところの雨続きで、展示広場の土もかなり軟弱になっているせいか、履帯がゴッソリと土を掻きとっております。しかもその土には、雑草や、芝生の根などが混ざり、とても「イイ感じ」に汚れていて、まさに絶好の「足回りのウェザリング塗装見本」です。いつか、このくらい足回りを派手に汚した車輌を使って、ジオラマを製作したいと思っていたりして・・・

          次回は、気になった「とある車輌」をピックアップ!
nice!(0)  コメント(2) 

土浦駐屯地 創立65周年記念行事 其の一 [駐屯地創立記念行事]

01_R.JPG


 実に4年ぶり(たぶん・・)の武器学校訪問。台風の影響で、いつ雨が降り出すとも限らない微妙な天候ではありましたが、各種展示車輌を堪能してまいりましたよ。

               まずはこの車輌からご紹介

02_R.JPG


ヒトマル君を、油気圧式懸架装置フルダウン状態で展示してくれるという粋な計らい。ヒトマル君は各行事で数多く見てきましたが、この状態を維持したままでの展示というのは初めて目にしました。

03_R.JPG


 何というか、サイドスカート姿と相まって、とても嫋やかな(?)印象を受けました。

                   お次はコチラ

04_R.JPG


16式機動戦闘車ことキドセン君(試作車)です。今年の静岡ホビーショーの会場に来たのは富士学校所属の「99-0291」号車。この車輌は武器学校所属の「99-0300」号車。このナンバーの車輌を見たのは初めてです。同じ「試作車」というカテゴリーの中でも、細部が異なっているというのは、とても興味をそそられますね。

05_R.JPG


つい最近、キドセン君も量産型の配備が始まり、砲塔の形状をはじめ、各部がかなり変更されたので少し驚きました(若干ながら、砲塔が現用ロシア軍のT-90MSっぽく見えたのは私だけ?)

      次回も、個人的に見所だと感じたアレコレをご案内してまいります。
nice!(0)  コメント(0) 

突如の完成品、空自F-35! [完成棚]

F-35-1_R.JPG


     突如の完成品シリーズ(?)第二弾。空自の「F-35 初号機」です。


F-35-2_R.JPG


F-35-3_R.JPG


F-35-4_R.JPG


F-35-5_R.JPG


F-35-6_R.JPG



全日本模型ホビーショーから帰宅してすぐ、昨年購入したままになっていた、ハセガワの1/72スケール「F-35 航空自衛隊 初号機」に取り掛かっておりました。原因は、ホビーショー記事の一回目でも取り上げた、タミヤ(イタレリ)1/32スケール・F-35の完成見本を見てしまったことです。ハセガワのキットを購入しておきながら、それほど思い入れのある機体でも無かった為、完全放置してしまっていたのですが、ビッグスケールの完成品を間近に目にした途端「おお!カッコイイ!」と思ってしまったのです(笑)

「パーツ数も少ないし、塗装も簡単そうだし、60式装甲車の製作の傍ら、ちゃちゃっと完成させてしまおう」と、製作を初めてしまったのが運の付き、これが予想外に難航しました。
                
                 理由は以下の2つ
  
    「灰色で構成された機体色の表現が難しい」ことと「デカールが多い」こと

 しかも、これらの作業に難航していることが、ブログのネタとしては、全く以て不向きという残酷な事実。無事に完成させられたことが、何よりの救いですね。
 
         そして、製作中に初めて気が付いた、とある事実

F-35-7_R.JPG


   機体下面のスタイルがとてもイイ!滑らかな曲面で構成されていて、キレイです!

nice!(0)  コメント(0) 

第57回全日本模型ホビーショー 番外 「なぜ?」の答え [模型イベント]

    今回取り上げるのは、以前の日記記事「なぜ?」で触れた、あのキット

1.JPG


  ハセガワの1/35スケール「日立建機 コンバインド振動ローラー ZC50C-5」です。

 そもそも、なぜホビーショーに赴いたかと言えば、このキット、そして建機シリーズについて、ハセガワの社員さんに聞きたいことが沢山あったから、というのが大きな理由でした。結果、とても実り多い情報を頂けたので、一問一答形式でご紹介

問1・なぜ、日立のロードローラー?
 答・アスタコ~油圧ショベルと続いてきた日立製なら、企業さんと話しが通し易い為、取材~開発までの流れがスムーズにいくから、とのこと。

問2・数あるロードローラのタイプから、なぜコンバインド式?
 答・コンバインド式のロードローラは他の形式よりも小型なので、開発~販売までの流れが早くなるから、とのこと。

問3・上記2つの問の回答から察するに、取材~販売までの速さを重視しているように思いますが?
 答・建機シリーズについて、大変好評を頂いているので、一刻も早くユーザーの皆さんに新商品をお届けしたいと考えているから、とのこと。

問4・コンバインド式を発売したら、もうロードローラ系の車輌はリリースしない?
 答・そんなことは無く、機会があれば別企業、別タイプのロードローラもリリースしたいと考えている、とのこと。

3.JPG


問5・キット化する建機の選定に「自衛隊が使っているか、いないか」は意識していますか?
 答・幅広いユーザーに楽しんで頂けるよう、そういった要素もモチロン考えている、とのこと。

2.JPG


    若干ニュアンスは異なりますが、以上のようなことを仰られていました。

          結論 「ホビーショー、行って良かった!!」

ハセガワ・1/35スケール「日立建機 コンバインド振動ローラー ZC50C-5」は12月発売予定です。年末年始のひとときに、このキットを製作するのも良いと思いますよ・・おそらく私はそうすると思います(笑)


nice!(0)  コメント(2) 

第57回全日本模型ホビーショー 其の三 [模型イベント]

   ホビーショー記事、第三回はインターアライドさんのブースを重点的にご紹介。

1_R.JPG


 こちらは会場発表のキット、1/144スケールの「そうりゅう型潜水艦」です。地味になりがちな潜水艦の模型も、この大きさだと迫力満点。お次は昨今、何かと話題のアノ車輌

2_R.JPG


 1/35スケール「THAAD」です。こちらもかなりの大きさ。ちなみに、ところどころ色が違うのは、試作品の為、部品によって成型色が異なっているというだけだそうです。さらに次は、私的にかなり注目している新商品

3_R.JPG


 「5M HOBBY」の自衛官フィギュア4種類(レジン製)です。良いポージングですね~。

4_R.JPG


       上からのショット。一人、こちらを警戒していますね(笑)

5_R.JPG


なお、今後も自衛官フィギュアのリリース展開を予定しているという素晴らしい情報が。私にとっては天にも昇る朗報。さらに、最初はこのフィギュア情報に目が奪われていて、気が付かなかったのですが、すぐ目の前に、もう一つ素晴らしい商品が!

6_R.JPG


 前回の記事でもお伝えした、ホビーボスの新製品、陸自版AAV7のキットを「より実車に近づけられる」追加レジンパーツセットです。思えば今年の静岡ホビーショーにて、童友社さんのブースを訪れた際「陸自AAV7のキットにサイドミラーとか諸々、新規パーツは付きますか?」と質問したところ、説明員の方は本当に申し訳なさそうに「付かないんです・・申し訳ありません」と委縮しておられました。聞けば、同じ質問を既に何度も何度も受けておられたとのことで(^^;)

7_R.JPG


ですが!このパーツセットの発売で、そんな懸念は一気に解消。もちろん、インターアライドさんと童友社さんとの間でタッグを組んでの商品化とのこと。これで私の中の密かな懸念事項も霧散しました(笑)

 次回は、以前も当ブログで触れた「あのキット」について、ホビーショーでゲットした情報をお伝えしたいと思います!
nice!(0)  コメント(0) 

第57回全日本模型ホビーショー 其の二 [模型イベント]

       ホビーショー記事、其の二のトップを飾るのはこのキット

1_R.JPG


 ハセガワ・1/450スケール「ひゅうが」です。こういうラインナップで攻められると、財布のヒモが緩むのは必定。続いては同じ船でも1/700スケール

2_R.JPG


 アオシマの「ましゅう」専用エッチングパーツの登場。余りの煌びやかさに目が奪われます。さらに同じく1/700スケールの

3_R.JPG


 ピットロード「大和・最終時」・・おそらくですが、私は高確率で、このキットを購入すると思います。その上、なんと~

4_R.JPG


会場発表で「武蔵・最終時」も発売決定のアナウンスが!(画像手前が武蔵、奥が大和)ヤバイですよー、コレは(笑)お次は陸もの

7_R.JPG


 ファインモールドの八九式中戦車、甲型であります。いつかは発売されるであろうキットがついに来た!という感じです。そして旧日本軍繋がりでこちらのキット

9_R.JPG


 「特四式内火艇・カツ」の機銃・魚雷搭載バージョン。これこそ発売されるであろうことが予見出来たアイテムですね。それにしても大きい・・。

 そしてコチラ、二つのキットは以前、静岡HSの記事でも触れましたが、発売が若干遅れている為、改めての御紹介~

10_R.JPG


11_R.JPG


10月中には発売するやも・・とのことなので、いましばらくの辛抱ですね。ではでは、其の三に続きます。

nice!(0)  コメント(0) 

第57回全日本模型ホビーショー 其の一 [模型イベント]


0_R.JPG


 タイトル通り、行って参りましたホビーショー。素晴らしき秋晴れのもと、正に絶好の模型イベント日和(屋内イベントですが)といえましょう。

           まずは見どころ満載のタミヤブースの御紹介

1_R.JPG


1/48スケールの新商品、M1A2エイブラムスでございます。元が大きい戦車だけに、ヨンパチは丁度良いサイズに見受けられます。この調子でドンドン現用車輌をキット化してもらいたいですね。

2_R.JPG


 安定のパーツ分割。心配要素など皆無です。続いては同じくヨンパチの参考出品アイテム

5_R.JPG


 ドイツ重牽引車・SS100です。こういった「縁の下の力持ち」的な車輌はワタクシ、大好物です。

6_R.JPG


 現段階では発売日等は未定とのこと、期待が膨らみます。お次は1/35スケールの・・・

3_R.JPG


 アーチャー対戦車自走砲です。イギリスものは余り製作したことがないのですが、同社のSU-76同様、付属のフィギュア達が車輌とベストマッチしており、それが故に製作したくなってしまうという魅惑のアイテムです。

4_R.JPG


こうして眺めていると、なかなかに良い面構えをしていますね。そして次はビッグモデル!

7_R.JPG


 1/32スケール、F-35(キットはイタレリ製)です。空自版のロービジマーキング・デカールが新規に付属されてのリリース。

8_R.JPG


おお!欲しいかも!と思いつつも「で、製作後はどこに飾る気だ?」と、もう一人の自分が脳内に囁きかけてくる例の現象が!・・それはさておき、最後にご紹介するのはコチラ

9_R.JPG


 1/48スケール、Bf109 G6です。純粋なWW2のドイツ戦闘機は久しぶりですね、しかも、このキット。エンジンがバッチリ再現されているだけでも嬉しいのですが・・

10_R.JPG


11_R.JPG


見づらくて申し訳ありませんが、エンジンカウリング内部の複数箇所に極少のネオジム磁石を仕込む仕様になっており、完成した後もエンジンカバーや、エンジンパーツを自由に脱着可能なのです。元来、この手の仕込みはユーザー側が施す工夫でしたが、それをデフォルトでやってしまうとは・・正直、驚きました。

                  其の二に続きます。

nice!(0)  コメント(0) 

緑色の60式装甲車 其の八 [1/35スケール 陸上自衛隊]

 本日、大変なことに気が付きました。それはTVのニュース番組でアメさんの装備するB-1ランサーが映ったときに起きたのです。

「B-1のLANTIRN POD(ランターン・ポッド)って、機体に対して斜めに装着されているのか !!」

思い込みとは恐ろしいもので、私はずっと、機体に対し垂直に装着されているものだとばかり思っていたのです。大変勉強になりました。もっとも、そのニュース番組が伝えたかったのは別の内容だったとは思いますが・・・

               では、60式の製作です。

 今回は車体上に装備しているタグロープにまつわる工作なのですが、これがまた悩ましいことになっています。というのも、このタグロープ。インストでは下の画像のように取り付けるよう、指示されているのですが・・

タグロープ 01_R.JPG


 私が持っている資料に映る車輌の多くは、下の画像のように取り付けられているのです。

タグロープ 02_R.JPG


ただ、どちらが正しいとかでは無く、確かにインストのとおりに装備している車輌もあるのですが、はっきり言って少数派です。しかも2つめの画像のように取り付けるとなると・・

タグロープ 03_R.JPG


指で指している箇所ですが「単なる出っ張り」として再現されてしまっている部分を作り替える必要があります。従って、フックを真鍮線で再現し、そこにロープを掛けました。

タグロープ 04_R.JPG


 これで一安心。ちなみにロープはキット付属の糸ではなく、主に建築関係の作業に使われる「水糸 0.8mm」を使用しています。ポリエステル製で丈夫、かつ、ケバ立ちもしないので塗装がしやすいという利点の上、シンワ製の水糸ならば1リールで270mもあるので、1つ購入すれば、まさに一生タグロープ工作には不自由しません(笑)
           
nice!(0)  コメント(0) 
前の10件 | -