So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

緑色の60式装甲車 其の十一 [1/35スケール 陸上自衛隊]

IMG_1245_R.JPG


 前々から当ブログで取り上げていた、ハセガワのコンバインドローラ。実は既に「いろいろと」手を付けているのですが、順序的に、60式を先に仕上げたいという問題と、ブログ更新の頻度の問題という2大問題により、製作紹介は今しばらくのお待ちを~。

     さて、今回は車体に「雨垂れによる汚れ」を施します。使うのはコチラ

雨垂れ3_R.JPG


タミヤ・スミ入れ塗料の「ブラウン」と「ダークブラウン」 この2つを車体側面に上から下へと「線」を描くように、幾筋か塗料を書き込み、それを薄め液を含ませた筆(フィルバート型)で、これまた上から下へと規則正しく均していきます(拭き取ってしまうワケではないというのがミソ)

               結果はこのようなカンジに

雨垂れ1_R.JPG


雨垂れ2_R.JPG


           はい、スッゴイわかりにくいですね( ´・ω・)

ですが、これで車体側面の色彩から退屈味が薄れてくれました。ちなみに、今回使用したタミヤ・スミ入れ塗料ですが、発売当初は「スミ入れ塗料なんて、自分でエナメル塗料と、薄め液とを使って作り出すもんじゃろがい」と思っていましたが、ふとしたキッカケで使用してからというもの、完全に「常備品」と化しました。汎用性の高いマテリアルって、ステキです(笑)

nice!(1)  コメント(0) 

緑色の60式装甲車 其の十 [1/35スケール 陸上自衛隊]

       基本色が吹き終わったので、次は足回りの汚し塗装にはいります。
                これがノーマル状態。

足回り汚し1_R.JPG


まずはタミヤエナメルのカーキ・フラットブラウン・フラットブラックを混ぜてつくった「暗い土色」を、塗りつけます。

足回り汚し2_R.JPG


そして「暗い土色」が半乾きくらいの頃合いで、最初に塗った「暗い土色」にバフを混ぜた「明るめの土色」を塗りつけます。このとき「明るめの土色」を塗る面積は「暗い土色」を塗った面積よりも少なめにするのがポイント。

足回り汚し3_R.JPG


最後に、エナメル薄め液を含ませた筆で「暗い土色」と「明るめの土色」との色の境目をボカシていきます。ボカす以外にも、つついたり、上下に「均したり」と、汚れ方がワンパターンにならないように気を付けます。

足回り汚し4_R.JPG


60式装甲車と、そのファミリー車輌は、完成後も車体下部がよく見えるので、足回りの汚し塗装は、俄然、気合が入りますね・・・時に、その気合がダメダメな方向へ行ってしまうことも、よくありますが(笑)
nice!(0)  コメント(2) 

緑色の60式装甲車 其の九 [1/35スケール 陸上自衛隊]

 しれっと、60式装甲車製作の続きをば(笑)アレやコレやと手を加え、最後に純正エッチングを組み付けた状態。いよいよサフ吹きにはいります。

車体塗装 1_R.JPG


で、こちらがサフ吹き後の姿、この時点で、車体下部は黒色サフ。上部は灰色サフと吹き分けておきます。こうしておくことで、この後の陰影塗装の手助けに・・なっているのかな?

車体塗装 2_R.JPG


次に車体上部の影色塗装。毎度お馴染み、ラッカーのつや消しブラックと、マホガニーを、およそ6対4程度の比率で混ぜたモノを「色味の変化に富ませたい」箇所に細吹きを繰り返します。特に奥まった箇所には重点的に。多分に勘で行っているということもあって、文章で説明するのは結構ムズカシイです。

車体塗装 3_R.JPG


次に車体側面の塗装。Mrカラー・陸自特色セットの緑色と、同じくMrカラーの濃緑色(中島系)とを約、半々で混ぜたものを、先ほど吹いた影色を、避けつ、寄りつつ、微妙な境界感覚(?)を以て、吹きつけます。

車体塗装 4_R.JPG


そして車体上面には特色セットの緑色と、Mrカラーのグリーン・FS34227(No.312)とを、これまた約半々で混ぜたものを吹きました。これで基本色の塗装は完了です。

車体塗装 5_R.JPG


                其の十に続きますよ~

nice!(0)  コメント(2) 

めでたいヴィネット・・? [完成棚]

     早々と2018年になりましたね。皆様、あけましておめでとうございます。

               と、同時にコチラを御紹介。

1_R.JPG


 先頃、お邪魔させて頂いた「つくば Do!モデラーズ展示会 2017」に持参したヴィネットでございます。なんといいますか、内容を「ギュッ」と詰め込んだ情景が製作したかったので、御覧のような、ギリギリサイズのベースに車輌1台、フィギュア5体を配置してみました。


2_R.JPG


3_R.JPG


 車輌はファインモールド・73式小型トラックの重機関銃搭載型。フィギュアは、ドライバーがタミヤの軽装甲機動車の付属フィギュア。それ以外は全てタミヤ・イラク派遣隊員セット(いずれも小改造)を使用しています。

4_R.JPG


5_R.JPG


情景の時代設定は2000年~2010年頃とし、場所は富士山麓にある、いずれかの演習場といった感じ(展示会に来られた、定年退職された元、自衛官の方から情景をお褒め頂き、天にも昇る嬉しさです^^)

 さて、ここでタイトルにあるとおり、なぜ、このヴィネットがめでたいのか?という話になるのですが・・

6_R.JPG


    松の木があるからですね(そんな理由かよ!というツッコミは御容赦を!)

実は2年前の静岡ホビーショーにて、ジオラマに立派な松の木を再現されておられる方から、製作のコツをお聞きし、いつか、つくりたいと願っていたのですが、それが今回、叶った次第です。幹はMSモデルズさんの、情景素材シリーズ「彩葉」の「古木の幹」を、松の木の幹っぽく「切った貼った」モノを使用(庭にあるミニ盆栽の松の木が大変参考になりました)タミヤ・アクリル塗料のミディアムグレイを塗り、幹の筋や凹凸部を中心にタミヤ・スミ入れ塗料のダークブラウンで染めると、それらしく・・なっていると信じたい!

最後に、前回も御紹介したグリーンラインの下草を枝の先に載せるような感じで接着させれば、松の木の完成です。この下草表現のアイテムを木の葉として使用するという発想が、まさに秀逸。いやはや、同好の士たる方々の作品を、間近に見させて頂くことに勝る勉強はありませんね。

       そんなこんなで、皆様、本年も宜しくお願い致します。

nice!(1)  コメント(4) 

なんですか?このモフモフは? [日記]

 本日は部屋の大掃除を兼ねた整理整頓をしていたところ、奇妙な物体があることに気づきました。それはジオラマ製作における各種素材をストックしている、引き出しに収納してあったドライフラワーなのですが、容れてある容器ごしに中身を凝視すると、みょ~~にモフモフしていたのです。

       「はて?このドライフラワー、こんな質感だったかな?」

        と思っていたのも束の間、すぐに詳細が判明しました。

                
             カビまみれだったのです ( ゚Д゚)


即、ゴミ袋へダンクシュート。ですが、それから一気に不安が募った為、引き出しの中をくまなくチェック!・・結果、他のストック品は皆、無事でした。

 今回、悲劇の結末に至ってしまった該当物は、購入してすぐ、引き出しに収納しやすいように、自前の容器に移し替えて保存していたモノでした。それが結果的にカビの発生を誘発させる原因になってしまったようですね。深く反省。なお、ほんの一瞬、このドライフラワー改め、カビフラワーの様子をブログに載せようか・・という思いつきが脳裏をよぎりましたが、幸いにも、私の理性は正常な判断を下すことが出来、公開は取りやめた次第です。

その代わり(!?)と言ってはなんですが、本日は、私のお気に入りのジオラマ用素材を少し、御紹介しようと思います。まずはコチラ

1・フィールドグラス_R.JPG


KATOのフィールドグラス、各種です。手に入れやすさ、値段の手頃さ、汎用性の高さ等々、常備しておいて損は無いアイテムです。そしてお次は

2・地面用素材_R.JPG


リアリティ・イン・スケールの地面用素材各種です。ぶっちゃけ、ベースに土色っぽい粘土を盛って、その上にこれを巻くだけで「それっぽい」地面が出来る(私は主に、地面の表情にアクセントをつける用途で使用します)という、利便性に富んだアイテム。バリエーションの豊富さも魅力。そして最後に御紹介するのは

3・グリーンライン_R.JPG


グリーンラインの草シリーズ各種です。ちなみにグリーンラインはドイツのメーカーですが、日本での扱いは先述のリアリティ・イン・スケール(オランダ)名義で、MSモデルズさんが輸入代理店を務めています。似たような草のアイテムは他社からも出ていますが、私はこの製品の、一株ずつキッチリと分けられ、成型されている点が、扱い易くて好きなのです!

さて、明日は遂に大晦日ですね。皆様にとって、穏やかな年越しでありますよう、願っております(_ _)

nice!(0)  コメント(0) 

Do!モデラーズ展示会 2017 其の二 [模型イベント]

 気づけば年の瀬も際まで迫ってまいりました。ですが、それはそれとして、Do!モデラーズ展示会 2017 其の二をお送りします! 今回御紹介するのは、会場に集った様々なジャンルの作品です。

         公開から間もなくして仕上げられた、この力作!

1_R.JPG


    こちらの二つの作品は同じ製作者の作品。根底にある実力が窺えます。

2_R.JPG


3_R.JPG


          アイデアも、技術力も目を見張るジオラマ作品

4_R.JPG


5_R.JPG


私には全くの未知なジャンルの作品ですが、会場にて製作者の方から聞いたお話しは、私のようなミリタリーモデラーにも、大変勉強になりました。

6_R.JPG


7_R.JPG


こちらはなんと、ビニールタイで製作された造形作品。東北AFVの会の会場で出会った、紙でリアルな甲冑を製作されてしまう方同様、世の中には様々な素材で以て、素晴らしい作品を製作される方がおられることを改めて知りました。

8_R.JPG


私にとって、本年最後の模型イベントだったのですが、それに相応しい、大盛況な展示会でした(本当に、来場者がピークの時間帯は、会場内を移動するのも大変な程の賑わいでしたよ!)会場にてお会い出来た皆様、本当に有難うございました(^^)
nice!(0)  コメント(0) 

Do!モデラーズ展示会 2017 其の一 [模型イベント]

 少々時間が経ってしまいましたが、さる12月9日、茨城県・つくば市にあるショッピングモール「LALAガーデン つくば」のイベントスペースにて開催された「第22回 Do!モデラーズ展示会」にお邪魔させて頂きました。正真正銘、初参加のイベントだった為、若干緊張しておりましたが、とても温かく迎えて下さりましたよ(^^)

           何はともあれ、恒例の作品紹介へゴー!
 
            ズラリと並んだシャーマン戦車達と・・

1_R.JPG


        同じく並んだレオパルド戦車達。素晴らしい光景ですね。

2_R.JPG


       こちらは1/144のジオラマ。思わず顔を近づけてしまいます。

3_R.JPG


          美しい水の表現に、皆さん見とれておりました。

4_R.JPG


   迫力ある構図のジオラマ!旧軍モノのストック、早く消化したいですねぇ・・

5_R.JPG


     見ていると、こちらまで暑さを感じてしまいそうな、ハイレベルな作品。

6_R.JPG


     多様な色調のシルバー塗装が目を惹くセイバー。私も精進せねば・・

7_R.JPG


            存在感がハンパないミグ25。圧巻の一言。

8_R.JPG


                 其の二に続きま~す!
 
nice!(0)  コメント(2) 

横浜クレイジーフォームズ展示会2017 其の二 [模型イベント]

    展示会の素晴らしい作品御紹介、第二弾、張り切ってまいりましょう!

         昨年に続き、1/144スケールの濃密な作品群や・・

1_R.JPG


                 美しい旅客機!

2_R.JPG


            ここで初めて存在を知った航空機や・・

3_R.JPG


4_R.JPG


              大好物の空自機。そして・・

5_R.JPG


6_R.JPG


                陸自車両の揃い踏み!
    
7_R.JPG


8_R.JPG


 今年は昨年よりも、製作者の方に直接お話しを伺える機会に多く恵まれ、大変勉強になりました。私のように、実物を見に行って、製作の為の取材をされている方や、納得いくまで、キットのパーツに手を加え続けている。といった方のお話しまで、感心しきりでございます。

          ちなみにワタクシは何を持参したかというと・・

9_R.JPG


以前、御紹介した「災害出動したオスプレイ」を持ち込ませて頂きました(飾り台を少しドレスアップ!)


さて、次回からは、またまた、ゲスト参加させて頂いた某展示会の様子をお伝えしたいと思います・・ブログネタと更新の機会のズレが激しいことは自覚しておりますので、平に御容赦を(笑)
nice!(0)  コメント(0) 

横浜クレイジーフォームズ展示会2017 其の一 [模型イベント]

 今年も行かせて頂きました。横浜クレイジーフォームズ様の2017年度展示会。いやはや、初めて目にする巨大機モデルの多さに、目を奪われるばかりでした。と、いうのも、今年の展示会のメインはなんと、1958年のアメリカ・エグリン空軍基地で開催された航空ショーにおける、航空機地上展示の様子を1/72スケールで再現したもの。それゆえ、当時最新鋭の機体だった、重爆撃機達の模型が居並んでいたのです。

         こちらが会場に飾られていた、当時の記録写真です。

1_R.JPG


           そしてこちらが、それを再現したスペース。

2_R.JPG


            中央には「あの」巨大機、B-36が鎮座。

3_R.JPG


4_R.JPG


      その他にも、あらゆる巨大機がそこかしこに展示されていました。

5_R.JPG


6_R.JPG


7_R.JPG


8_R.JPG


            ハッキリ言って、壮観の一言です!

        なお、このエグリンを再現した卓に「アノ」飛行機が

9_R.JPG



B-36に、コバンザメ的なカタチで抱えられ、そして空中発進するという運用思想のもとに開発された戦闘機「XF-85 ゴブリン」です。実機の存在は知っていましたが、模型があることは知りませんでした。これだけの巨大な機体に囲まれた中での、この子の存在はとても可愛らしいですね。

nice!(0)  コメント(0) 

勝田駐屯地 創立66周年記念行事 其の三 [駐屯地創立記念行事]

  勝田駐屯地祭レポ、最終回に、どうしてもこれはお伝えしたい装備品を御紹介。

ドーザー1.JPG


     退役待ったなし(と、目されている)の、75式ドーザでございます。

 え~、実は私、この子との巡り合わせがひじょ~~~うに悪く、あらゆる駐屯地祭に赴いていながら「装備品展示では」過去一度も出会ったことが無かったのです(訓練展示に出演したところには、居合わせたコトが有ります)それが今回、全く以て唐突に、出会えることが出来たのです。いや、本当に、何に例えれば良いのかも、わからない程に嬉しかったですヨ!


  とても面白いのは、この車輌、車体前後のどちらもが「正面」でもあるんですね。

         作業時は排土板がある、コチラ側が正面となり・・

ドーザー2.JPG


走行時はコチラ側が正面となって爆走します。その最高速度は45km。マジで「はやっ!!」と驚いてしまいました。

ドーザー3.JPG


 以前もお伝えしましたが、この車輌、現在「えときんモデル」さんが、1/35スケール・フルレジンキットにて発売を控えており、予定では今冬発売予定とのこともあるので、このタイミングで装備品展示にて出会えたことは、まさに天祐といえましょう。ありがたや、ありがたや。

ドーザー4.JPG


        この無骨極まりない容姿、最高にカッコイイですね(笑)
nice!(0)  コメント(0) 
前の10件 | -