So-net無料ブログ作成

なんですか?このモフモフは? [日記]

 本日は部屋の大掃除を兼ねた整理整頓をしていたところ、奇妙な物体があることに気づきました。それはジオラマ製作における各種素材をストックしている、引き出しに収納してあったドライフラワーなのですが、容れてある容器ごしに中身を凝視すると、みょ~~にモフモフしていたのです。

       「はて?このドライフラワー、こんな質感だったかな?」

        と思っていたのも束の間、すぐに詳細が判明しました。

                
             カビまみれだったのです ( ゚Д゚)


即、ゴミ袋へダンクシュート。ですが、それから一気に不安が募った為、引き出しの中をくまなくチェック!・・結果、他のストック品は皆、無事でした。

 今回、悲劇の結末に至ってしまった該当物は、購入してすぐ、引き出しに収納しやすいように、自前の容器に移し替えて保存していたモノでした。それが結果的にカビの発生を誘発させる原因になってしまったようですね。深く反省。なお、ほんの一瞬、このドライフラワー改め、カビフラワーの様子をブログに載せようか・・という思いつきが脳裏をよぎりましたが、幸いにも、私の理性は正常な判断を下すことが出来、公開は取りやめた次第です。

その代わり(!?)と言ってはなんですが、本日は、私のお気に入りのジオラマ用素材を少し、御紹介しようと思います。まずはコチラ

1・フィールドグラス_R.JPG


KATOのフィールドグラス、各種です。手に入れやすさ、値段の手頃さ、汎用性の高さ等々、常備しておいて損は無いアイテムです。そしてお次は

2・地面用素材_R.JPG


リアリティ・イン・スケールの地面用素材各種です。ぶっちゃけ、ベースに土色っぽい粘土を盛って、その上にこれを巻くだけで「それっぽい」地面が出来る(私は主に、地面の表情にアクセントをつける用途で使用します)という、利便性に富んだアイテム。バリエーションの豊富さも魅力。そして最後に御紹介するのは

3・グリーンライン_R.JPG


グリーンラインの草シリーズ各種です。ちなみにグリーンラインはドイツのメーカーですが、日本での扱いは先述のリアリティ・イン・スケール(オランダ)名義で、MSモデルズさんが輸入代理店を務めています。似たような草のアイテムは他社からも出ていますが、私はこの製品の、一株ずつキッチリと分けられ、成型されている点が、扱い易くて好きなのです!

さて、明日は遂に大晦日ですね。皆様にとって、穏やかな年越しでありますよう、願っております(_ _)

nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。