So-net無料ブログ作成

災害出動したオスプレイ [完成棚]

               
MV22-01_R.JPG


MV22-02_R.JPG


MV22-03_R.JPG


MV22-04_R.JPG


MV22-05_R.JPG


MV22-06_R.JPG


MV22-07_R.JPG


2016年の熊本地震において災害出動したオスプレイ、完成致しました。やはり元が大きい機体なだけに1/72スケールでも結構な大きさですね。この完成によって弾みをつけ、残るハセガワ製オスプレイキットの消化に邁進したいと思います・・いつになるかは不明ですが(笑)
nice!(1)  コメント(2) 

災害出動したオスプレイ 其の十 [1/72スケール いろいろ]

         現在、仕上げに向けた細部塗装を行っております。

             そこで、こんな小ネタを1つ

P9061016_R.JPG


この画像はオスプレイ君のお顔のドアップですが、注目して頂きたいのはワイパーです。
           はい、基部がシルバーになっていますね。
ところがキットの説明書ではワイパーの塗装指定は「つや消し黒」のみとなっているので

(25)_R.JPG


                正しく塗ってみました。
こういう時に「実機と直に触れ合えた喜び」を実感しますね・・・と、こうして「実機取材の旅」は加速の一途を辿るのでした(笑)
nice!(0)  コメント(0) 

災害出動したオスプレイ 其の九 [1/72スケール いろいろ]

暑い日々が続いています。気象庁の方々は「梅雨はまだ、あけていません(キリッ)」と頑なですが、梅雨だろうが、夏本番だろうが、模型製作には不向きな季節であることには変わりはありませんね。

さて、本日はローターブレードの塗り分けをご紹介します。オスプレイのローターブレードは前縁が銀色になっているのですが、ここで注意。塗り分けの際にマスキングテープ貼りが必須となるものの、ローターブレードにも結構な数のデカールを貼るので、キッチリとデカールをクリアーコート(この場合は、仕上げの半ツヤコートを指します)してからマスキングテープを貼らないと、塗装終了後にテープを剥がしたとき、貼っておいたデカールが強制剥離されてしまうという絶望を味わうハメになります。

  では手順を追ってご説明。まずは左がノーマル状態。右がマスキングを施した状態。

(22)_R.JPG


  マスキングテープ貼りを6回繰り返します。4回目あたりから面倒臭さを感じます。

(23)_R.JPG


    シルバーを吹いた後、テープを剥がして出来をチェック。問題ありませんね。

(24)_R.JPG


              完成が近づいてきております!
nice!(0)  コメント(0) 

災害出動したオスプレイ 其の八 [1/72スケール いろいろ]


(19)_R.JPG


前回マスキングが完了したキャノピーパーツに、コクピット内部色、兼、透光防止の為の黒を吹きました。この上から機体色を吹けばバッチリです(機体も黒サフの上に機体色を吹いているので、色調の違いも発生しません)

              さて、肝心の機体はと言えば

(21)_R.JPG


クリアーを吹いた上から全てのデカールを貼り終えた状態になりました。この上からさらにセミグロスクリアーを吹いて、デカールをサンドイッチします(正確にはラッカー塗料のセミグロスクリアーとフラットクリアーを、およそ8対2で混ぜたモノ)その結果は・・

(20)_R.JPG


はい、予想はしていましたが、画像ではよくわかりませんね(笑)ですが、手に取って見るぶんにはイイ感じの半ツヤ状態になってくれました。

                まだまだ塗装は続きます!


nice!(1)  コメント(0) 

災害出動したオスプレイ 其の七 [1/72スケール いろいろ]

 放置されている感がハンパないオスプレイですが、実は着々と完成に向かっております。
とはいっても膨大な量のデカールを、おっかなびっくり貼っている作業は、どうにもブログ向きのネタではないので、とりあえずはデカール貼りと並行して行っているキャノピー塗装のご紹介をば。

(15)_R.JPG


面倒臭い作業には、便利な道具を有効活用するのがイチバン!ということで、愛用のマテリアル、クレオスの「Mr.マスキングシート」を2種類使用します。

(16)_R.JPG


画像のように、塗り分けたい箇所のカドに「Mr.マスキングシート・まる・さんかく」の中から三角形のシートを貼ってフチどりをします。

(17)_R.JPG


次に「細切りマスキングシート」から1mm幅のシートを使い、カドとカドに橋渡しをしてみました。そして最後に・・

(18)_R.JPG


残った大きめの面積の部分に「Mr.マスキングゾル改」を塗って、乾燥させれば塗装前の下拵えは完了です。スムーズに作業が進むって、素晴らしいですね!
nice!(0)  コメント(4)