So-net無料ブログ作成
1/35スケール いろいろ ブログトップ

フィンランドのⅢ号突撃砲製作 其の八 [1/35スケール いろいろ]

           フィン軍Ⅲ突、畳みかけていきます!
・・・と、言ってもデジカメ騒動もあって、一部画像データが無くなってしまった為、若干雑なご紹介となってしまいますが。

  まずはフィン軍Ⅲ突の特徴でもある、デグチャレフ軽機関銃のデティールアップから

DT01_R.JPG

         収納式ストックがただの棒になってしまっているので・・


DT02_R.JPG

              ピンバイスで穴を数ヵ所開口し・・


DT03_R.JPG

それらの穴をデザインナイフで一つに繋げれば、お手軽に「それらしく」なってくれます。
          さらに、久しぶりのフィギュアにとりかかります。

人形1_R.JPG

ヘッドを他キットから流用し、体格を痩せ形にしたところで、サフを吹いて全体のプロポーションをチェック。

人形2_R.JPG

   目の塗り→肌色基本塗り→肌色中間色塗り→肌色影塗り→肌色明部塗りを終えた状況です。

人形3_R.JPG

軍服基本色塗り→軍服影塗り→そして軍服明部塗りと続くのですが、ここでフィギュア塗装の画像は途切れてしまいます。キチンとしたご紹介はまたいずれの機会に。

            さらにさらに、丸太の年輪塗りに挑戦!

年輪1.JPG

             何も塗っていないと、この状態ですが・・

年輪2.JPG


  タミヤエナメルのクリアーオレンジとフラットブラウンを混ぜた水飴状の塗料をベタ塗りし・・


年輪3.JPG


それを円を描くように、薄め液を含ませた筆で拭き取っていきます。画像の状態ではまだ「濃い」ので、もう少し拭き取った方がイイですね(勿論、仕上げにツヤ消しクリアーを吹くのは必須です)

              いやあ・・畳みかけました(笑)

nice!(1)  コメント(0) 

フィンランドのⅢ号突撃砲製作 其の七 [1/35スケール いろいろ]

 車体下部のウェザリングです。今回はMrウェザリングカラーと、パステルを併用するという、新旧の技法を混ぜ込んで行いたいと思います。

車体下部1.JPG


まずはウェザリングカラーのステインブラウンと、グレイッシュブラウンを車体下部に、ランダムに置いていきます。

車体下部2.JPG


次に、専用薄め液を含ませた筆で「上から下へ」規則正しくウェザリングカラーを「均して」いきます。

車体下部3.JPG


仕上げに、履帯にまぶした「土色」パステルを若干暗めに調整したものを、主にサスペンション付近にまぶしました(履帯より奥まった箇所であるサスペンション付近には、暗めの土色パステルを付着させた方が、ウェザリング表現が退屈になることを防げます)

    次回からは細部塗装に入ります。勿論、フィギュアも忘れていませんよ(笑)
nice!(0)  コメント(0) 

フィンランドのⅢ号突撃砲製作 其の六 [1/35スケール いろいろ]

 とりわけ虚弱体質という訳ではありませんが、ここ4ヶ月程、毎月何かしらの疾患にかかり、歯科医・皮膚科・耳鼻咽喉科・内科と病院巡りの日々です。どれも命を脅かすような病では無いとはいえ、あまりにも体調不良が断続的に起こると、さすがにヘコみますね。つくづく健康の有難さが身に染みる今日この頃であります。

    そんなこんなでフィン軍Ⅲ突です。今回は足回りの作業を進めていきます。

PC220513_R.JPG


          ロコ組みをした足回りに黒サフを吹きます。

PC300530_R.JPG


履帯部分に土色(Mrカラーのブラックグレーとダークアースを混ぜたもの)を吹き、次にタイヤのハブ部、最後にタイヤのゴム部にタミヤアクリル・ラバーブラックを塗り、これを基本色とします。

PC300537_R.JPG


基本色の上からタミヤエナメルのフラットブラック・フラットアース・レッドブラウンを混ぜたモノを薄め液でサラサラに薄め、それを足回り全体を染めつけていくように塗っていきます。

PC300538_R.JPG


さらに仕上げとしてヌーベル・カレーのパステルを茶こしで粉末状にしたものを混ぜてつくった土色粉末を「土が多めにこびりつく箇所」を中心に付着させて、足回りは完成です。さあ、この流れで次は車体下部の汚し塗装でございます。

nice!(0)  コメント(0) 

フィンランドのⅢ号突撃砲製作 其の五 [1/35スケール いろいろ]

       車体の基本塗装が完了したので、次は丸太の塗装に入ります。

PC300533_R.JPG


 基本塗装は水生ホビーカラーのマホガニーです。この色、半光沢ではありますが、気にせずに塗りたくります。

PC300534_R.JPG


  さらにマホガニーの上からタミヤ、スミ入れ塗料のダークブラウンをまんべんなく塗りました。

PC300535_R.JPG


そしてエナメル薄め液を含ませた筆でダークブラウンを「ムラに」ふき取っていきます。木肌の模様を意識して上から下へ(この場合だと、左右に規則正しく)筆を動かすのがコツです。カメラの性能がアレなものでわかりづらいですが、イイ感じに木っぽくなってきました(と、自己暗示)
 お次は丸太の切断面の塗装ですが、できれば年輪、もしくはそれに似た模様を表現したいと思っていますが、上手くいくかは全くの未知数でございます・・・。

nice!(0)  コメント(3) 

フィンランドのⅢ号突撃砲製作 其の四 [1/35スケール いろいろ]

 迷彩色に使用する緑色はMrカラーの「オリーブグリーン」にしました。さらにバフ色の修正の件ですが、良い色に巡り合うことが出来ました。そのままの色で使用して失敗した「セールカラー」に「日本陸軍戦車色前期迷彩色カラーセット」の「陸軍カーキ」を混ぜてみたところ、イイ感じにくすんだ色合いとなったので即採用。

                 結果、このような感じに

PC280519_R.JPG


 とにもかくにもドイツ軍の三色迷彩とかぶらない色調にしたいという目標があるので、その点には気をつけたつもりです。

               一方でこちらも鋭意製作中

PC260518_R.JPG


 色々と突っ込みドコロがあるでお馴染みの、キット付属のフィギュアです。満足のいく出来のフィギュアをフルスクラッチ出来るような腕があれば良いのですが、生憎とそんな技術は持ち合わせていないので、堅実にスタイル修正を進めていきたいと思います。とりあえず肩幅が張り過ぎているので、カットソーで幅を詰めました。そうすると今度は腕パーツとの接着部にズレが生じるので、そこはラッカーパテで修正。
 頭部パーツもキットのモノは表情が好きではないので、ジャンクパーツボックスから適当と思えるモノをチョイスして乗せ換えました。
 1/35フィギュアの工作も結構久しぶりなので、手探り感がハンパないですね(笑)
          


nice!(0)  コメント(0) 

フィンランドのⅢ号突撃砲製作 其の三 [1/35スケール いろいろ]

 この週末、関東もかなりの寒さです。フィンランドものを製作していることもあり「この寒さを遥かに凌ぐ極寒の中でフィンランド軍は戦っていたんだよなぁ」等と考えてしまい、一人で戦慄したりしている今日この頃です。

        それはさておき、とりあえず車体色を吹いてみました、が・・・

PC240516_R.JPG


              はい、色のチョイス、失敗です。

 タミヤカラーでいうところの「バフ」をイメージして「じゃあ、ウェザリングで彩度が低下することを見越して、セールカラーなんてどうだろう?」と考え、Mrカラーのセールカラーを吹いてみましたが、何かを間違えてしまいました・・ですが、どうせ後で補正塗装として吹きなおしをすることが決まっているので、そのときまでにもっと良い色を考えておきます。

     それでは「失敗したバフ色」を放置しつつ、お次の迷彩色である茶色を吹きました。

PC240517_R.JPG


 クレオスのNATO軍・ドイツ連邦軍戦車色セットより「レーダァブラオン」を選択。これはイイ感じです。次は緑色ですが、さて、どの色を吹きましょうか・・?
nice!(0)  コメント(0) 

フィンランドのⅢ号突撃砲製作 其の二 [1/35スケール いろいろ]

            まずは恒例のサーフェイサー吹きから

PC220512_R.JPG


                そして影色吹きまで

PC230514_R.JPG


PC230515_R.JPG


 影色はMrカラーのフラットブラックとマホガニーを約5:5の割合で混色したものです。これをモールドや突起、あと「どうしたってこの部分は暗くなるだろう」という箇所(多分に勘に頼っていますが・・)に吹いていきます。
 ちなみにこの作業、一通り吹き終えたあと、少し休憩をして改めてキットを眺めると吹き残しの箇所や、塗料が届いていない細部等をほぼ100パーセントの確率で見つけるというのが、この影色吹き作業の特徴でもあります(笑)

         お次はこの影色を残しつつ、車体色を吹いていきます。
nice!(0)  コメント(0) 

フィンランドのⅢ号突撃砲製作 其の一 [1/35スケール いろいろ]

 新年の製作第一号は、言わずと知れたタミヤの「Ⅲ号突撃砲G型・フィンランド軍」キットです。当ブログでは初の1/35スケールキットの製作でございます。とはいうものの・・

PC210505_R.JPG


PC210508_R.JPG


          ご覧のとおり、組み立てはほぼ完了しております。

 実はこのキット、一昨年に敢行した我が家のリフォームの際に「塗装は出来ないものの、組み立ては出来る」という環境になった為、サフ吹き段階手前で製作を中断せざるを得なかったという曰く付きのキットです(ちなみに、このⅢ突と似たような状態でそのまま放置されているキットが複数個、ございます・・・)なお、この車輌はとある一枚の写真に載っている車輌をモチーフにしておりまして、その特徴は以下のとおり

①タミヤの組み立て説明書でいうところの「後期改修型」であること
②防盾を含む車体前部に大きなシートがかけてあること(キットでは溶きパテを含ませたティッシュペーパーでシートを再現)
③車体正面から見て左側のフェンダー前部が欠損していること

              で、ございます。さらにさらに・・

PC210511_R.JPG


すっかり忘れていましたが、モデルカステンの可動履帯を使用して、いわゆる「ロコ組み」をしておりました。塗装の際に便利なように、考えて組み立てていたんですね。GJです。一昨年の私!

       実に半年ぶりの1/35キットですが、塗装、頑張って参ります!

nice!(0)  コメント(0) 
1/35スケール いろいろ ブログトップ