So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

静岡HS2019 個人的に気になる新製品編 [模型イベント]

今日で静岡ホビーショーから帰宅して一週間とか・・時間の流れが早すぎやしませんか?と、誰ともなくボヤいてみる今日この頃。今回は個人的に「お!」と感じた新商品を、メーカーの垣根を超えてご紹介。

01_R.JPG


まずは台湾のベテランメーカー。AFVクラブさんより、1/35でM16の発表(M16だと、どうしても小銃の方を想起してしまうという方は、タミヤさんがつくった愛称。スカイクリーナーを頭に浮かべましょう)完成見本に日の丸デカールが貼ってある通り、自衛隊版のデカールも御用意して頂けるようなので、私の中では既に、購入が決定事項になっています(なお、ドラゴンのキットは買いそびれた模様)

02_R.JPG


続いてコチラもAFVクラブさんより発表の「ストライカー・ドラグーン」です。戦闘ヘリ・アパッチシリーズの機首に装備されている30mmチェインガンとほぼ同じ機関砲を搭載した無人砲塔を、ストライカー装甲車に載せたという凶悪な車輌。2017年末から部隊運用が始まったばかりという、正に最新鋭の戦闘車輌をキット化(ちなみに、一足先にパンダホビーが同車のキットを既に発売済)

03_R.JPG


04_R.JPG


こちらは戦闘車輌ではありませんが、ハセガワさんの英断を素直に称えたいという意味でも素晴らしいキット。日本人なら、いつか、どこかで視界に入れたことがあるであろう「コンバイン」です。付属するドライバーフィギュア「農家のおっちゃん」がとてもイイ味を出しております。

05_R.JPG


06_R.JPG


続いて、塗料の新製品。少々発売が遅れてしまっていますが、何かと気になるGSIクレオスのウェザリング塗装用カラーセット「八雲」カラーシリーズのセット1~4です。「ウェザリング塗装用~」という商品名に引き付けられてしまうのは、ミリタリーモデラーの性なのでしょう。

07_R.JPG


最後にご紹介するのは、こちらもクレオスさんから8月発売予定の「Mr.マスキングねんど」です。海外メーカーさんからも似たような商品は発売されてはいますが、国内メーカーさんから、しかも250円というリーズナブルな価格で提供して頂けるというのは嬉しい限り。おそらく、手元に一つは常備しておきたいマテリアルになると思います。
nice!(1)  コメント(2) 

静岡HS2019 アオシマ新製品編 [模型イベント]

 タミヤさんに続いて、私に歓喜の鼻血を吹かせにかかってきたのは、アオシマさんのブース。相変わらず自衛隊モノのキット化に積極的です!

01_R.JPG


1/144スケールシリーズ。海自US2のお次は、空自のC2輸送機。昨年の横田基地で本物と触れ合った経験が、製作欲をチクチク刺激します。発売までは、いましばらくかかりそうですが、待ち遠しくてたまりません。

02_R.JPG


陸自モノは、画像の2種類がほぼ同時期に発売される見込みとのこと。このボックスアートを見ただけで、心臓が高鳴ります・・高速の料金所をくぐる16式の絵とか、最高ですね。

03_R.JPG


発売アナウンスから、少し待たされた感のある12式地対艦誘導弾。1/72スケールが丁度良い大きさに感じます。空自のPAC3のキットと同じく、ミサイルそのものもパーツ化してくれるところが「アオシマ流」

04_R.JPG


16式機動戦闘車の「量産型」をキット化。公道を走る際に装着必須の「バックミラー」や、車長及びドライバー用の「風防」等をパーツ化してくれている点に「よくわかっていらっしゃる!」と言わざるをえません!

            そして、トドメの一撃はこちらの展示

05_R.JPG


06_R.JPG


画像にもあるように、あくまでも現時点では「参考出品」です・・が、正直言って、驚愕しました。願わくば、製品版でも是非、強襲ボートとフィギュアは付属させて頂きたいです。そしてAAV7は指揮車型のキット化ですが、もちろん後々、通常型も発売してくれますよね?ね?ね?(圧)
nice!(0)  コメント(0) 

静岡HS2019 タミヤ新製品編 其の二 [模型イベント]

さぁ、今回タミヤブースにおいて、私の脳内に興奮物質を最も多く分泌させた新製品ニュースはこちらでございますよ!

01_R.JPG


          陸上自衛隊・軽装甲機動車「国内仕様」です!!

以前、当ブログでも触れましたが、タミヤさんからは既に1/48スケールで同車をリリースしており、それが来度は1/35スケールでのリリースとなります。

02_R.JPG


03_R.JPG


過去に発売された「イラク派遣仕様」は、あえてカテゴライズすると「前期型」であり、その後の国内配備型は、イラク派遣での教訓を受けて各所がマイナーチェンジされた「後期型」なのです。従って、昨今配備されている軽装甲機動車を製作しようとすると「イラク派遣仕様」のキットをベースに、各所に追加工作をせねばならず、それが結構な手間でした。

          ですが、そんな手間はもう必要無くなります!

04_R.JPG


05_R.JPG


いや~~。静岡HSをはじめ、あらゆる模型イベントの場で、タミヤの関係者様に「軽装甲機動車・国内仕様をお願いします!」とリクエストし続けた甲斐がありました。ただ、ひょっとすると「これ以上、あの中年男に同じリクエストを寄せられるのは勘弁」と思われた末の国内仕様発売。と、あいなった可能性が無きにしもあらずですが・・でもタミヤさん、私は最低でも5個は購入しますよ(根拠は、イラク派遣仕様のキットを5個購入しているからw)

nice!(0)  コメント(0) 

静岡HS2019 タミヤ新製品編 其の一 [模型イベント]

     さあ、記憶が新鮮なうちに、ホビーショーレポートに参りましょう。

01_R.JPG


           まずはタミヤブースの注目製品から!

02_R.JPG


発売も迫ってきましたアキリーズ。17ポンド砲を搭載すると、外観的な強さが5割増しになりますね。

03_R.JPG


こんな魅力的なフィギュアを付けられてしまったら、財布のヒモが緩むのも必定!私のお隣にいたモデラーさんは「アキリーズとか今まで何とも思ってなかったけど、こんな風にキット化されちゃったら買うしかねえなぁw」と仰っていました。タミヤパワー、恐るべし!

    そしてお次は、いつかは発売されるであろうと誰もが思っていたあの車輌

04_R.JPG


兄弟車輌?たるナスホルンが発売してから、しばらく経ちましたが、やっとの発売「フンメル後期型」です。個人的には「後期型」という点がとても嬉しい。

05_R.JPG


06_R.JPG


 「ジオラマにして楽しんでね」と言わんばかりのフュギュア達。妄想力が高まります。


                   ちなみに

07_R.JPG


マテリアル関連の新商品では、コチラの「スミ入れ塗料」シリーズの新色「ピンクブラウン」に興味深々のブログ主。基本的にはフィギュア用の塗料ですが、もしかしたら、ウェザリングにも使えそうな色合いかも・・?とか思ったり。
nice!(0)  コメント(0) 

模型の国から帰宅 [日記]

   静岡ホビーショー2019、両日共にサ-クル参加し、先ほど無事帰宅致しました!

今年は、いつもは会える方と会えなかったり。いつも行く場所へ行けなかったり(サークル展示場西館へ行っていなかったことに、閉会10分前に気が付く・・)しましたが、一方で、以前よりお会いしたかった方とやっと出会えたり、ホビーショーの楽しみ方に若干の変化があったり等々、これまでとは一味違ったイベントとなりました。とても新鮮です。

例によって、詳細は徐々にあげていきたいと思いますが、今日のところは休息に努めたく存じます~・・zzz
nice!(1)  コメント(0) 

メルカバMk.3 其の三・・ではなく、完成! [完成棚]

       前回のメルカバ記事で、其の三に続く!とありましたが・・

                 完成してます。

01_R.JPG


02_R.JPG
     

03_R.JPG


04_R.JPG


05_R.JPG


06_R.JPG


       さすがはメルカバ。1/72でも充分な(?)大きさを誇ります。


                   ちなみに

07_R.JPG


車体各所にある謎の汚れはMr.ウェザリングカラーのグラウンドブラウンとステインブラウンを使用。しかしこの汚れは、何汚れなのでしょうか?オイル汚れ?それとも泥汚れ?判然とはしませんが、手持ちの資料写真を眺めると、メルカバやマガフといった、イスラエル戦車にはこういった汚れが見受けられます。まぁ、塗ってみたらカッコ良かったので、これでヨシとします(笑)
nice!(1)  コメント(0) 

マジっすか? 其の二 [日記]

          前回は陸自ネタでしたが、今度は空自ネタです。

F2 01_R.JPG


     「国産空対艦ミサイル、ASM3、2019年度防衛予算案でも調達見送り」

                ・・マジっすか (°д°)

主に空自のF2戦闘機に搭載・運用されることを期待されていた、新型の国産空対艦ミサイルASM3。2017年度を以て開発を完了し、後は配備を待つのみ。と、思われていましたが、ここに来て2018年度は言うに及ばず。2019年度防衛予算案においても調達はされないとのこと。その理由は

「某国において急速に量産、配備が進んでいる(自称)イージス艦をはじめとする艦船への攻撃手段としては、ASM3は射程が短い」

とのこと。その為、ASM3の設計を踏襲しつつ、さらなる長射程(目標は射程400Km超)及び高威力を誇る新型ミサイル開発に着手することになりました。つまり、ASM3自体は、もはや「要らない子」になってしまったという訳ですね(´・ω・`)


                  と、いうことは

F2 02_R.JPG


私が所持しているこのキット(新金型でASM3のパーツが入っていることに惹かれて購入)は、至って素直に飛行開発実験団で試験運用されている姿を再現した方がイイということですね。一体何を画策していたかは、皆様のご想像にお任せします。

F2 03_R.JPG


さらに白状するなら、手元にこれだけF2のキットが有りまして。これ以上増える前にどうにかせんといけませんな・・どうにか・・なりますかね?


nice!(0)  コメント(0) 

マジっすか? [日記]

気が付けば2月も終わりに近づいているという事実。余りにも早い時の流れに、タイムトンネルでもくぐってしまったのかと思ってしまう今日この頃・・ともあれ、本日、我が家で購読している某新聞には衝撃の記事が載っていました。

              小松製作所、防衛産業から撤退!!


                ・・マジっすか (°д°)


          小松製作所といえば、近年に限った装備品だけでも

01.JPG

                軽装甲機動車や

02.JPG


                96式装輪装甲車に

03.JPG


NBC偵察車といった、主に装輪式車輌の開発、生産に多大な貢献をしてきた同社ですが、今後は、残された納入予定数のNBC偵察車の生産及び、既に納入した車輌のアフターサービスのみを行い、一方で新規車輌の開発事業は請け負わないとしているようです(昨年秋に、防衛省から打診のあった、ニューモデルの軽装甲機動車開発も断ったとのこと)

非常に残念に思う一方で、無理もない話だとも思います。民間車輌のように大量生産や海外輸出が約束されている訳でもない上に、高性能を求められる車輌をつくらなければならない訳ですから、その苦労たるや如何ほどか、私のようなド素人でも、ある程度の想像はつきます。

この一件が、自衛隊における装備品調達にどれだけの影響を与えるのか、現時点では判然としませんが、少なくとも、今後の新型装輪式車輌導入の折は、海外の車輌を購入するという選択肢が、今まで以上に現実味を帯びてくると思われます。そうなると「オーストラリアのブッシュマスターを導入だなんて、珍しい!」などと言っていた時代は、遥か過去のものとなっていくのでしょうね。

とりあえずは、もうじき発売予定のフジミ・1/72スケール・軽装甲機動車でも購入して、心を落ち着けたく存じます(それがオチ?)
nice!(0)  コメント(2) 

メルカバMk.3 其の二 [1/72スケール いろいろ]

 新年最初の食事がトーストで、しかもその食パンを軽く焦がしてしまうという凡ミスをやらかしました。新調したオーブントースターの取り扱いに未だ慣れていないことを改めて思い知らされた、2019年の元日でございます。

             その一方で、メルカバはといえば・・

05_R.JPG


逡巡していましたが、やはり車体・砲塔に施された滑り止め加工は再現しました。昨今はザラザラテクスチャーを再現する専用塗料等も発売されているようですが、買い物に行こうにも、外が寒いので外出は控えたく(笑)ここは手持ちのタミヤ・情景テクスチャーペイントのライトサンドを塗りたくって「それっぽく」してみました。

06_R.JPG


そして基本塗装を終えた状態です。影色を吹き、その色を残しつつMrカラーのTC21・IDFグレーを吹いてみました。その他、砲身にある所属部隊を示す白色ラインの塗装や、荷物ラックのキャンバスの塗装等々、段々イイ感じになってきました・・と、思いたい!



                 其の三に続きます
nice!(0)  コメント(0) 

メルカバMk.3 其の一 [1/72スケール いろいろ]

               製作キット決定しました!

01_R.JPG


トランペッターの1/72スケール・メルカバMk.3(キット名そのまま)です!購入したのは、もう4年近く前になります。模型屋の片隅で、6割引きになっていた同キットを見つけて「この値段ならハズレキットでも惜しくないな」と思いなんとなく購入し、そのままになっていました。丁度良い機会なので、手を付けてみましょう。

 同キットを年末年始モデリングに選んだ理由は「パーツ数が少ない」この一言に尽きます!足回りに至っては、転輪と履帯が一体成型でパーツ化されている為、そのまま車体下部に取り付ければ良いというお手軽仕様・・なのですが。

02_R.JPG


値段を考えれば致し方ありませんが、メルカバの一大特徴でもある砲塔後部のチェーンカーテンは完全に省略されています。どうしようか若干悩みましたが、ここは気合を入れて再現に踏み切ります。

03_R.JPG


もはや私の手元には無くてはならないマテリアル。パッションモデルの汎用チェーンセットを使って鎖を垂らし・・

04_R.JPG


その先端にウェーブのNEW R・リベット(丸)をくっつけます。このパーツは半球状な為、球体であるかのように見えるのは表側から見るときだけですが、砲塔を車体とドッキングさせてしまえばそんな事実は宇宙の彼方へと消え去ります。お気軽モデリングに必要以上に神経質になるのは大敵です(自戒)


                 其の二に続きます
nice!(0)  コメント(2) 
前の10件 | -