So-net無料ブログ作成

全ては7年前のあの日から 其の三 [回想録]

 意気揚々と陸自アパッチを購入し、組み立てを始めたあの日の私、ですが、つまずきはスグに訪れました。
「・・・詳細がわからない!」
そう、最新鋭の装備品だからこそ、細かい箇所の構成や色がわからないのです!さらに言えば、ハセガワの陸自アパッチは最初に発売した米軍仕様のAH-64Dに、自衛隊の独自装備品の追加パーツランナーをプラスしただけのキットの為、根本的な外観の違いには触れられていないという、まさかのトラップ。有終の美を飾るべく購入した模型が、まさかの押入れ直行キットになるかもしれない事態に、正直、ヘコみました。
「これはイカン!なんとかせねば!」
危機的状況を打破すべく、回転力の乏しい脳味噌をフル活動させた結果、ある一つの結論に達しました。
「そうだ!今現在の日本に存在しているモノなんだから、実際に見にいけば良いんだ!」
直ちにアパッチが日本のどこで見られるかをネットで調べたところ、何と、約二週間後に近くの自衛隊駐屯地(といっても、車で一時間半はかかりますが)で実機を見ることが出来るとのこと!新しい世界への扉は徐々に開き始めていました(笑)

74式スズメ_R.JPG


記事とは関係ありませんが、この画像は退役展示されている74式戦車の主砲の砲身内に巣をつくったスズメの親子を撮影したものです。
いつかこういうシチュエーションを含んだジオラマを製作するのも良いかもしれませんね。
nice!(0)  コメント(2) 

nice! 0

コメント 2

tt_tank88

一時間半で実機を見に行けるなんて羨ましいですd=(^o^)=b

近くで駐屯地のイベントがあった時には、砲身内をじっくり見てみます( ´∀` )b
by tt_tank88 (2016-08-27 21:41) 

muck

 あの時は、まさか実機をすぐに見に行くことが出来るとは思ってもいませんでした。
本当に良い機会に恵まれていましたね。

 退役車輌の展示は各地の駐屯地で見られますね。
なかには創立祭等のイベントの日以外でも、事前申し込みをすると、退役車輌展示ゾーンを開放してもらえる駐屯地もあるので、気になる駐屯地があったらHP等をチェックしてみると良いかもしれません(^^)
by muck (2016-08-30 23:55) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。