So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

勝田駐屯地 創立66周年記念行事 其の二 [駐屯地創立記念行事]

 またまた間が空いてしまいましたが、引き続き勝田駐屯地レポを続けたいと思います。

        今回取り上げるのは、訓練展示にも登場した、この車輌。

96w 01_R.JPG


着弾を再現した白煙の中を突き進む「96式装輪装甲車・地雷処理仕様(仮称)」です。なぜ仮称なのかといえば、これは正式な生産車輌ではなく、隊員サン達の創意工夫でつくられた車輌なのです。車体の上には70式地雷原爆破装置と、それを載せる架台がまるごと積載されているというシロモノ。

96w 02_R.JPG


もともとは60式装甲車や、73式装甲車の車体に積載されることが多かった、この装備品が、時代が移り、今は隊員サン達の手によって、96式装輪装甲車に積載されるようになった、というワケです。よくよく見ると、その積載方法が「凝ったもの」であることが窺い知れます。

96w 03_R.JPG


96w 04_R.JPG


御覧のように、鉄骨(?)や木材といった資材を使って、車体上部に架台をフィットさせることに工夫がされています。自衛隊における、車輌改造においては「装備車輌を他部隊に移管させる際、必ず元の姿に戻せること」が、鉄の掟なので「溶接する」等の手法は御法度なのです。こういった積載の仕組みなど、現物を取材しなければ絶対にわかりませんね。

           さらにこの車輌、面白ポイントがもう一つ。

96w 05_R.JPG


96w 06_R.JPG


後部から見比べると分かりやすいのですが、車体上面、後部の左右にある、発煙弾発射筒が、左側のみ、囲い(ついたて?)のようなものに覆われています。こちらに至っては全くのナゾ。とかく、色々とユニークな車輌です。

 初めて間近に見た、この車輌。かなりの量の画像を撮影した結果、導き出された結論は

 「スクラッチ出来なくはないが、やるとしたら結構な労力を必要とするであろう!」

  という事実が浮き彫りになりました・・まぁ、当分はやらないでしょうね(笑)
nice!(0)  コメント(4) 

nice! 0

コメント 4

けんいち

土曜日は、ご来館いただきありがとうございました。オスプレイじっくり拝見ていただきました。私たちは、日曜時間までいっぱいいて、模型屋さん経由で、仙台に遅く着きました。
今回は、締め切りに追われてB-36作りましたが、少しのんびり、模型作りたいと思います。12月は、つくばのDOモデラーズに行きたいと思っています。2日間の予定です。
http://domodelers.web.fc2.com/
今後ともよろしくお願いいたします。
by けんいち (2017-11-27 11:09) 

入江 典生

11月25日は短い間でしたが、当クラブの定期展示会へ参加いただきまして誠にありがとうございました。
案内状に手書きでゲスト参加のお願いをしたものの、直接プログに依頼コメントをして良いものか判断に迷った挙句の作でした。
けんいちさん経由で参加いただけたことは、とても嬉しく感じております。
また、機会がありましたら直接ご案内とお願いをさせていただきます。
よろしくお願いいたします。
by 入江 典生 (2017-11-27 18:59) 

muck

けんいち様、コメント、有難うございます。

>模型屋さん経由で、仙台に遅く着きました。

 こちらの一行に、ホッコリしてしまいました(笑)
当日は展示の規模、作品レベルの高さ、共に圧倒されるばかりでした。あの素晴らしい光景を、近く、ブログでも御紹介させて頂きたく存じます(_ _)

 頂いたオスプレイ、どのように製作しようか、帰宅の電車の中から思案し続けております(笑)
by muck (2017-11-27 19:09) 

muck

 入江様、コメント、有難うございます。

 案内状を頂いた上、お誘いの書き込みまでお考え下さっていたこと、恐縮至極でございます。
 昨年に引き続き、皆様に温かく迎えて下さいましたことに心より感謝を申し上げると共に、宜しければ、今後も是非、参加させて頂きたく存じます(_ _)

本当に、楽しい時間が過ぎてしまうのは「あっ」という間であることを知らされる一日でした(^^)
by muck (2017-11-27 19:35) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。