So-net無料ブログ作成

勝田駐屯地 創立67周年記念行事 其の一 [駐屯地創立記念行事]

 体力ゲージの残量がレッドゾーンに突入していますが、記憶が新鮮な内に記念行事レポをお送りしようと思います。

01_R.JPG


まさかの2年連続、勝田駐屯地・創立記念行事(67周年)への旅です。決してお安くはない特急列車の往復運賃をはたくのは、その交通費に見合った「収穫」があるからに他なりません(建機が好きなんですよ・・ええ・・)

              まずは恒例の訓練展示の御紹介!

02_R.JPG


  まずはUH-1Jから普通科部隊のロープ降下。ロープを放った瞬間を撮影出来ました。

03_R.JPG


       地上では出番を待つ89式装甲戦闘車(以下、89FV)の姿が。

04_R.JPG


        突撃した後は、自慢の35mm機関砲が唸りをあげます。

05_R.JPG


一方で、敵陣への道を拓くため、施設作業車が働きます。実際に地面を掘るわけにはいかないので、中空にテレスコ式ショベルアームをニョキニョキと動かします。毎度のことながら思うのですが、恐ろしく滑らかな動きをしますね。

06_R.JPG


   モチロン航空支援も欠かしません。我々の頭上を一挙に擦過していくコブラ君。

07_R.JPG


 そんなこんなの内に、あっという間に91式戦車橋が、文字通り、戦場に橋を架けました。

08_R.JPG


いよいよの出番を前にした10式戦車。撮影した後に気づきましたが、車長の目線がバッチリ私のカメラへの目線になっています。サイコーです。

09_R.JPG


           地響きをたてて、いざ突撃。シビれますね~。

10_R.JPG


 訓練展示終了後に帰還した89FVの雄姿。例年、勝田の訓練展示は74式、90式、10式のいずれかがペアを組み、主役になることが多いのですが、今年、10式と肩を並べて主役となったのは間違いなく89FVでした。こういった、イイ意味で期待を裏切ってもらえた喜びを感じられるのが、創立記念行事の醍醐味と言えるでしょう。

                 其の二に続きます。
nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。