So-net無料ブログ作成

2019年8月・サークル定例会 [模型イベント]

今回のサークル定例会にもカメラを持参することに成功しました。我が脳味噌も、どうにかこうにか学習機能を維持出来ている模様です。

          それでは、皆様の力作をご紹介いたしませう。

01_R.JPG


フジミの年代物キット。基本塗装は水性アクリジョンをメインに、筆塗りで仕上げられたとのこと。自身が使ったことの無い塗料のお話しを聞けるのは、大変勉強になります。

02_R.JPG


           出来栄えの凄さに見とれてしまいました・・

03_R.JPG


後になって気づいたのですが、尾翼が見たことも無い形状をしていますね。試作型でしょうか?

05_R.JPG


          海原を行くUボート。水の表現がとても美しい!

04_R.JPG


ガンプラモデラーの方の力作。他ジャンルのモデラーさんと交流する機会も、とても楽しいものです(^^)


06_R.JPG


07_R.JPG


08_R.JPG


09_R.JPG


アオシマ・1/350スケール「カティサーク」です。帆船模型は密かに憧れているジャンルですが、やはり完成品を見ると、その存在感に圧倒されますね。


我がサークルメンバーの皆々様、製作意欲の高さたるや、並々ならぬものでした。私も完成品を増やさないといけませんね・・その為にも、早めに涼しい気候になってくれることを祈っています(・ω・)
nice!(0)  コメント(0) 

映画のはなし [日記]

 現在公開中の映画「ドラゴンクエスト ユア・ストーリー」を観ました。何かと物議を醸しているようですが「ラストの展開が論議を起こしている」という点のみを踏まえて、自らの目で確かめてまいりました。

結果は「なるほど」といった感じです。確かに「あの展開」はドラゴンクエストシリーズを愛してやまない人であればあるほど、ある種、許し難い感情がこみ上げてくるのも、無理からざることかもしれません。

 一方で、私はといえばドラクエは「普通に好き」という程度の人間なので、映画もわりと楽しめました。

と、言うよりも、個人的には内容以上に気になった点が一つありまして・・それは同じく現在公開中の映画で、過日、観賞した新海誠監督の新作映画「天気の子」の印象的なシーンで使われたセリフと「ユア・ストーリー」で終盤に使われたセリフが被っていたという点です。


           それは「大人になれ」というセリフです。


 今回観た2つの映画の作中では、共通して「足掻く主人公を嗜めるセリフ」という意味合いで使われ、結果、主人公はそれに逆らう行動を選択するのです。

私も模型好きになってから(途中、ブランクがありつつも)かれこれ25年が過ぎましたが「もっと上手になりたいなぁ」と、チマチマ足掻いておりまして・・その意味においては子供なのでしょうね。ただ、厄介なことに白髪が増えてきたり、歯医者に通う回数が多くなってきたことで年齢の加算は実感させられていますorz

 何やら話が散らかっているようにも感じますが、詰まる所、年齢的にはオッサンになったけど、心の中には2つの映画の主人公達と同じような気持ちが、あったりもするのかな?というお話しです。


そういった心境にさせてくれたといった意味においても、どちらの映画も、観て良かったと思いました。

            
nice!(0)  コメント(0) 

アオシマ・1/72スケール「16式機動戦闘車・即応機動連隊」其の一 [1/72スケール 陸上自衛隊]

          さて、チクチクと製作を進めていきましょう。

01_R.JPG


まずは車体後面の足掛け(3箇所)が省略され、ただの突起になっていたので、0.3mm真鍮線で製作した足掛けに交換。

02_R.JPG


続いて、キットのままだと砲口カバーが、砲口にかぶせてあるだけのように見えるので、「さかつう」のフレキシブルワイヤーを巻き付け、縛り紐を再現。

03_R.JPG


さらに、砲塔後部には、0.25mmの板鉛を折り畳んででつくった「何かのカバー」を置いてみました。16式に限らず、他の陸自車両も演習等に向かう際は、車上にこういったカバーをよく積載しています。

04_R.JPG


そして砲塔左右のアンテナも0.3mmアンテナで追加。昨今の陸自車両に搭載されているアンテナは「先細り」の形状では無く、「太さは一律、先端も丸い」ので、自衛隊車輌モデラーには嬉しい昨今。


               ・・などとやっている間に

05_R.JPG


まさかの前倒し発売となった12式地対艦誘導弾!これだけ待っていたにも関わらず、こちらが発売したての16式を製作している最中にリリースされるとは・・。いや、嬉しいんですよ?スッゴク嬉しいんですケドね・・。
nice!(0)  コメント(0) 

アオシマ・1/72スケール「16式機動戦闘車・即応機動連隊」 [1/72スケール 陸上自衛隊]

          待ちに待った、かの新製品が発売されました。

01.JPG


   静岡ホビーショーで製品を見てから、一日千秋の想いで発売を待ちわびていました。
      キットもさることながら、このボックスアートがまた素晴らしい!

02.JPG


ボックスアートの良しあしは、製作するモチベーションに少なからず影響すると思います。ちなみにこちらも同じアオシマ陸自シリーズのお気に入りボックスアート。3t半・災害派遣verです。

03.JPG


      さて、中身のお話しですが、これが少し面白いことになっています。

04.JPG


Aランナーが2つ入っておりまして、インストには単独包装されている方のAランナーを使うように指示されています。

05.JPG


ご覧のように、単独包装されている方のAランナーにはメモ的なものまで封入されています。パッと見、どちらのAランナーも変わらないように見えるのですが・・?これには何か黒い組織の陰謀が絡んでいたりするのかと余計な勘繰りを働かせるブログ主でした(いいから、早く手を動かせっていう話ですネ)

nice!(1)  コメント(0)