So-net無料ブログ作成
1/72スケール 航空自衛隊 ブログトップ
- | 次の10件

PAC3製作 其の二 [1/72スケール 航空自衛隊]

 前回の記事の冒頭で触れた虫歯と思しき症状の件ですが、結論、もっと厄介な病気でした。明日の通院で完治する見込みですが、いやはや、なかなかの症状を味わいました。皆様も季節の変わり目、くれぐれも体調を崩さぬよう、御自愛ください。

 そんな中、チマチマと製作をしておりましたpac3の製作でありますが、パーツに特筆すべきポイントを見つけました。
                   ココとか

P8100628_R.JPG


                   ココとか

P8100627_R.JPG


                  ココとかですね

P8100626_R.JPG


そう、パーツの接着の際、前後の向きを間違えて組んでしまうことを防止する為に、矢印の表記があるんですね。しかも組み終わると、矢印は見えなくなる位置に配される様に設計してあります。20年以上、国内・海外製品問わずスケールモデルを製作してきましたが、こういった表記をパーツそのものに施してくれたものは見たことがありません。何気ないことかも知れませんが、製作者サイドの目線で考えられている親切設計だと思いました (^^)

nice!(0)  コメント(0) 

PAC3製作 其の一 [1/72スケール 航空自衛隊]

 歯が痛いです・・よりにもよって三連休の始まりの日に虫歯?が悪化するとはorz
煩わしいコトこの上ないですが、むしろ何かに集中していた方が気も紛れるので・・・

PA080635_R.JPG


前々から製作しようと思いながらも、手を付けるタイミングを逃していたアオシマの航空自衛隊PAC3です。
 余談ですが、現在我が国はまず、海自のイージス艦が装備する「SM-3」迎撃ミサイルで敵性ミサイルを迎え撃ち、もし、迎撃しそこねた際は空自の「PAC3」で迎え撃つ!という二段構えとなっています。近年、よく耳にするTHAAD(サード)ミサイルというのは「SM-3」と「PAC3」の迎撃射程の空白となっている隙を埋める為の迎撃ミサイルとして米国が開発したモノで、我が国でもコレを導入して三段構えの備えをしようという動きが高まっています。

         ・・・とまぁ、深刻なお話しはこの辺にして

P8060623_R.JPG


    ここまで一気に組み立ててしまいました。スタートは好調でございます(笑)


                    



nice!(0)  コメント(0) 
- | 次の10件 1/72スケール 航空自衛隊 ブログトップ